β-ラクタム系の抗生ものは?

β-ラクタム系の抗生ものは?

β-ラクタム系の抗生物体は?

お薬は、様々なシステムを通じて分類されますが、四角形のシステムをβ-ラクタム環と呼び、こういうシステムを有するパターンの抗生物体がβ-ラクタムつながりと呼ばれている。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

細胞膜キャパシティー阻害薬
細胞困難の下における細胞膜へ作用するパターンだ。

 

細胞膜に穴が解くなどする事で、ばい菌の働き会得の為に必要な大切な細胞を細胞外へと出してしまうことでばい菌そのものの会得を出来なくする事で、ばい菌を死滅させて仕舞うパターンだ。

 

蛋白出来栄え構築阻害薬
蛋白出来栄えを合成する為に必要な内臓で「リボソーム」が有ります。

 

細胞が増殖する為には、細胞管理を繰り返して増殖していきます。細胞分裂する為には、新設細胞を創るのに蛋白出来栄えが必須として、古くさい細胞を新しく調べる場合には、リボソームが必用だ。

 

そのリボソームの作用を阻害する事によって、新設蛋白出来栄えが作られなくなります。そうなると、ばい菌は増殖する事が出来なくなります。細胞困難構築阻害薬の場合と違う点では、人間の細胞にもリボソームが存在するのです。

 

但し、リボソームにも部門があり、その部門を観る事でばい菌のリボソームだけに作用し、ばい菌のリボソームだけに影響を与える事が出来るのです。

 

こういった蛋白出来栄え構築阻害薬には、マクロライドつながり、テトラサイクリンつながり、アミノグリコシドつながりといった抗生物体があります。

 

核酸構築阻害薬
こういう核酸構築阻害薬は、蛋白出来栄えができあがる以前の段階で、蛋白出来栄えを見つける為に必要などうして蛋白出来栄えを作れば良いかが書いてあるパターン図をDNAやRNAなどの核酸からリボソームが掘り起こす事で作られていきます。

 

その、核酸の構築シーンを食い止める事で蛋白出来栄えを作れなくして仕舞うパターンの抗生物体は、ニューキノロンつながりといった抗生物体があります。

 

葉酸構築阻害薬
葉酸は仮称ビタミンB9と呼ばれ、お客様もばい菌も生きていく為には必要な物体で、細胞分裂する為には必要な養分だ。

 

なので、こういう葉酸を構築を邪魔する事によって、ばい菌の増殖を切り詰めるパターンが葉酸構築阻害薬だ。

 

人間の形式、葉酸は夕食で養分として手に入れる事が出来るので、人間は影響を受けない通り、ばい菌だけに影響を与える事が出来るのです。

 

抗生物体は様々な部門に別れてあり、同士効果のできる疾患リソース桿菌が違う。どの抗生物体が最適なのかを見積もることが思い切り大切です。

 

・ペニシリンつながり       :広い感染症へ有用 梅毒や淋病など
・マクロライドつながり      :レンサ球菌感染症以外 クラミジアや淋病など
・スルホンアミドつながり     :尿路感染症以外
・テトラサイクリンつながり    :梅毒以外
・モノバクタムつながり      :グラム陰性桿菌による感染症以外
・グリシルサイクリンつながり   :胴感染症以外
・アミノグリコシドつながり    :大腸菌による感染症以外
・カルバペネムつながり      :肺炎・敗血症以外
・ポリペプチドつながり      :瞳・耳・人肌・膀胱の感染症
・フルオロキノロンつながり    :ばい菌性下痢以外
・エタンブトール      :結核
・クロラムフェニコール   :腸チフス以外
・第1年頃セファロスポリンつながり:人肌関連の感染症
・第2年頃セファロスポリンつながり:息づかい容器感染症以外
・第3年頃セファロスポリンつながり:人肌関連の感染症
・第4年頃セファロスポリンつながり:シュードモナス感染症以外

・第5年頃セファロスポリンつながり:組立てした人肌感染症以外

 

ジスロマック表紙へ